10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

訪れた方々

応援中

Amazonでお得にお買いもの

管理人の機器状況

新作タイトル

注目ソフト発売リスト

最近の記事

最近のコメント

ブログメニュー2

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

セーブステート機能 『5.00系』

2008.10.25/Sat/13:30:32

『概要』
・ゲームプレイ時に正規のセーブポイントなどでなくともセーブが可能
・新型PSP専用のプラグインソフト
4.01系の方のセーブデータは全て削除してください。(混合すると不具合がでます)

注意
・PSP-2000のみで使用可能(キャッシュメモリを使っている為)
・使用する際はUMD-modeをM33 driverに変更したのちセーブしてください
・マジックゲート対応のメモリースティックが最適(変換アダプターは不向き)

『必要なもの』
・CFW5.00M33系統の新型PSP
pspstates 2 Experiment for 5.00M33

ランキングに参加しています。
 

『導入編』
①ダウンロードしたpspstates 2 Experiment for 5.00M33を解凍します。

②解凍して出来たフォルダとファイルを配置します。
  プラグインの導入が初めての方
   (1)、sepluginsフォルダを丸ごとメモリースティックの直下にコピーする。
  既にほかのプラグインを導入している方
   (1)、SAVESTATEとpspstates.prxをメモリースティック内のsepluginsにコピーする。
   (2)、game.txtにms0:/seplugins/pspstates.prxと追記します。

③PSPを再起動し、リカバリーモードから有効にすれば完了です。

『使用編』
セーブ方法
 ①ISOのゲームをプレイします。
 ②【スクリーンボタン+Rボタン+α】もしくは【HOMEボタン+Rボタン+α】
   これを同時に押すことによって、自動的にセーブが完了します。
 ③αには9種類のボタンが配置されます。
   ↑ → ↓ ← □ ○ △ × START の9種類です。
 ④セーブが成功すると、一度画面が消えますが、すぐに再度点灯します。
 ⑤一つの保存領域で使用されるメモリは10~20MBらしいです。(容量に注意)

ロード方法
 ①セーブステートで格納したセーブデータを呼び出す方法です。
 ②【スクリーンボタン+Lボタン+α】もしくは【HOMEボタン+Lボタン+α】
   これを同時に押すことによって、保存したセーブデータを読み込みます。
 ③αにはセーブ時に使用したのと同じボタンを押してください。
 ④セーブ時と同じく、一度消えますがすぐにセーブ場所からスタートされます。

UMDのゲームをプレイ中にセーブステート機能を使う方法
 ①解凍して出来たフォルダ内のumdcache.prxを移動します。
 ②移動場所はFlash0のkdフォルダ内です。
 ③フラッシュは弄るとPSPが壊れる危険性がありますので自己責任でお願いします。
カテゴリ: PSP関係
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理人にだけ表示はコメントを見落とす場合があり、返信が遅れてしまう可能性があります。
管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://deathnote42850.blog9.fc2.com/tb.php/324-4cc99199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。