10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

訪れた方々

応援中

Amazonでお得にお買いもの

管理人の機器状況

新作タイトル

注目ソフト発売リスト

最近の記事

最近のコメント

ブログメニュー2

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

PSPFiler導入 『ver6.1』

2009.10.02/Fri/10:00:00

『更新内容』
 ○全般
  ・バージョン名表記をカーネル1.5とカーネル3.0で入れ換え、
   1.5を「Filer6.1.150」、3.0を「Filer6.1」とした。
  ・ディレクトリ構成を「filer」「kernel3」から
   「GAME150/FILER150」「GAME/FILER」に変更した。
 ○filer
  ・ファイル編集後、filerに戻った時ファイル情報が更新されていなかった
   バグを修正した。
  ・RAMDISK上のファイルを編集した時タイムスタンプが更新されていなかった
   バグを修正した。
  ・0バイトのファイルを編集した時落ちていたバグを修正した。
  ・メモリ管理機構を見直し、必要最低限のメモリを確保するように修正し
   た。これに伴い、今まで動作しなかったプラグインが動作することが期待
   できる。(プラグイン使わないので試してないけど)
  ・PSP-2000以降のメインメモリが増えた機種において、全メモリをリニアに
   扱えるように変更した(今まではメインメモリ24MB+拡張メモリ32MBとし
   て扱っていた)。これに伴い、今までRAMDISKには32MBより大きいファイル
   は置けなかったが、PSP-2000以降では50MB程度までの大きさのファイルが
   配置出来るようになった。
  ・リッピング時のデフォルトファイル名を "umd.iso" から "製品番号.iso"
   に変更した。
  ・リッピング時に、UMDの読み込みエラーが発生するとFilerが落ちていたバ
   グを修正した。
  ・kernel3版のみ、adhocファイル転送機能を追加した。
  ・いつのまにか起動時にデフォルトフォルダに移動する機能が失われてし
   まっていたバグを修正した。
 ○画像viewer
  ・ファイルの更新時刻を表示する機能を追加した。
  ・次の画像に移動した時、以前の拡大率を保持せず、画面に合う倍率で表示
   するように変更した

『概要』
このソフトはPSPだけでメモリースティックの中をいじれます。
主な機能公式サイト様より)
 ○ツリー状にファイルを確認できます。
 ○ファイルのタイムスタンプや属性を変更できます。
 ○日本語が出ます。
 ○ISO, CSO, ZIP, RAR の内容確認・展開ができます。
 ○wav,mp3の再生ができます。
 ○UMDデバイスのリッピングができます。
 ○フラッシュメモリの保存・復帰もできます。
 ○テキストファイルの内容を確認できます。
 ○バイナリファイルを編集できます。
 ○BMP,JPEG,PNGファイルの内容を確認できます。
 ○フラッシュメモリも確認・編集できます。
 ○ファイル名の変更もできます。

このように持っておいて絶対に損はないソフトです。
簡単なので今すぐにでも導入することをお勧めします。

『必要な物』
・FW1.50かCFWを導入済みの新旧PSP
PSPFiler ver6.1
・USBケーブル

参考になりましたら1クリックしていってください。
   
『導入編』
①ダウンロードしたPSPFilerを解凍します。
2008y02m22d_210407607.jpg  2008y02m15d_223119009.jpg
※写真は過去のバージョンです。

②releaseの中を確認します。
  filer kernel3の2つのフォルダがあればOKです。(txtは使いません)
2008y02m15d_223444013.jpg

③メモリースティック内に移動します。(自分の当てはまるバージョン)
FW1.0
ms0:/PSP/GAME/ に、filerフォルダをコピーします。
FW1.5
ExportPBPなどのツールを使って、filerフォルダを二つに分割し、その二つを
ms0:/PSP/GAME/にコピーします。
CFW
ms0:/PSP/GAME150/ に、filerフォルダをコピーします。
CFW3.00以降(PSP-2000は確実にこっち)
ms0:/PSP/GAME/ に、kernel3フォルダをコピーします。

『起動編』
①PSPFilerを起動します。
  XMB → ゲーム → メモリースティック
ファイラー
画像は過去のverですが、数字が変わるだけなので更新はしません。

②言語を選択します。(基本的に日本語)
ファイラー10

③起動後の画面はメモリースティックの中をツリー状に表示しています。
ファイラー6

④SELECTを押せば詳しい説明が表示されます。
ファイラー12

『活用編』
ファイルとフォルダの削除・コピー・リネーム
起動後の画面の状態で、いじりたいフォルダやファイルにカーソルを合わせた状態で、×を押してメニューを開きます。
ファイラー3
書いてある通りに動かせば変更できます。

直接メモリースティックにUMDをリッピング(ISO化)
起動後の画面で△を押してメニューを開きます。
ファイラー8
メニューに書いてある通りRを押して読み出す準備をします。
ファイラー4
とりあえず名前は何でも可能です。(半角英数のみ)
打ち込んだら確定を押します。
ファイラー5
         ↓
ファイラー1
         ↓
ファイラー2
終わったらSELECT+STARTでFilerを終了してください。
後は普通にISO起動でゲームがプレイできます。

メトロノームや音楽チューナーを使う
起動後の画面で△を押してメニューを開きます。
ファイラー8
○を押せばチューナーを起動できます。
使い方は書いてあるとおりなので簡単だと思います。
メトロノームとチューナーは□を押せば切り替えが可能です。
ファイラー14 ファイラー13
カテゴリ: PSP関係
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理人にだけ表示はコメントを見落とす場合があり、返信が遅れてしまう可能性があります。
管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://deathnote42850.blog9.fc2.com/tb.php/624-03ca1a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。